FC2ブログ
茨城県言語聴覚士会 TOP > カテゴリー [活動報告 ]

平成26年5月18日特別講演

 平成26年5月18日特別講演に春日居サイバーナイフリハビリ病院の内山量史先生をお招きし「平成26年度診療報酬改定のポイントと地域包括ケアシステムについて」を御講義頂きました。今回の改訂により入院時訪問指導といった家屋評価を早期から行うことが認められ、在宅を想定した介入がしやすくなりました。住み慣れた地域でいつまでも安心して暮らせるような地域ケアシステムが推奨されている中で、私達リハビリ職が担える事を精一杯行っていきたいと思いました。

 また、午後は「臨床で困ることを解決?」という内容で水戸医療センター吉田先生に御講義を頂きました。「知らないから教えて」と聞く勇気は重要ということが心に残りました。県内でも医療施設、介護施設などSTは増えてきましたが、1人職場で働くかたも少なくはありません。ただ、最近では勉強会などで横のつながりも増えてきています。知らない・わからないことをそのまま悩まず、相談できる素敵なベテランの先生を捕まえて日々の臨床業務で困ったことを解決していきたいと改めて思いました。

文責:社会局 梶山揚平
  1. 2014/06/01(日) 22:54:49|
  2. 活動報告

症例検討会2014

2014年4月20日(日)水戸メディカルカレッジにて、症例検討会が行われました。STになり多忙な業務をこなしながらも、1人の患者様について振り返り整理することができたという新人STの意見もありました。症例報告書を作成していく中で、患者様に対して良い効果が得られたことや、反省することに気付かされる以外にも、他者にわかりやすい表現で伝達する報告書を作成する良い機会になったことでしょう。
文責 社会局 梶山揚平

症例検討2014
  1. 2014/04/20(日) 23:13:54|
  2. 活動報告

講演会「高次脳機能障害と自動車運転」が開催されました

2014年2月16日(日)東京医科大学茨城医療センターにて、会田記念リハビリテーション病院小野内健司先生、茨城県医療大学池田恭敏先生をお招きし「高次脳機能障害と自動車運転」という内容の御講義を頂きました。茨城県民の多くは交通手段として自家用車の運転は必要不可欠であり、脳血管障害を有した方の中でも自動車運転再開の希望は少なくありません。高次脳機能検査やドライブシュミレーターを使用しての運転再開までのフォロー体制が整っている医療機関もまだ少ない状況であると感じます。今回の講義を経て、自動車運転に向けての体制作りを整える医療機関が増え、運転に影響する高次脳機能面の理解が充実していければと思います。

文責:社会局 梶山
  1. 2014/02/16(日) 23:11:37|
  2. 活動報告

言語聴覚の日2013@イオンモール水戸内原

言語の日集合

話ちゃん



9月1日にイオンモール水戸内原にて実施しました。
当日は1,000個の風船と3,000枚のティッシュが飛ぶように売れる大盛況!
また「言語聴覚の日2013」のマスコットキャラクターである『お話し大好き!てんとうむしの話(はな)ちゃん』も応援に駆け付け、人だかりに拍車を掛けていました。

相談窓口にも多くの方々が訪れ、改めて言語聴覚の日のイベント開催意義を実感することができました。

会場にお越しいただいた地域の方、並びに応援に駆け付けて頂いたPTさん、OTさん、栄養士さん、看護師さん・・・励ましの言葉や差し入れなどを頂き、誠にありがとうございました。

そして会場を提供していただいたイオンモール水戸内原様、ポスターデザインの共有を快諾頂いた福井県言語聴覚士会様にこの場を借りてお礼申し上げます。

  1. 2013/09/02(月) 19:29:01|
  2. 活動報告

言語聴覚の日実行委員がTVに出演しました

次のページ

FC2Ad