FC2ブログ
茨城県言語聴覚士会 TOP > カテゴリー [エッセイ ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

65. 振り返って -エッセイ

「筑波山」

所属:病院ST 氏名:NM

2009年の初詣に初めて筑波山に行きました。バス停から筑波山神社まではあっという

間で、参拝後は山頂へ行くために、ケーブル乗り場へ向かいました。しかし。その途中、

筑波山山頂まで片道90分で登ることができると知った私は「登ってみよう」という軽い

気持ちで登山コースを選んでしまいました。登山開始10分程度で「何でケーブルを使わな

かったのだろう・・・戻りたい」という思いが募りました。決して上りやすいとは言えな

い道、準備不十分な自分・・・。一人で登っていると「今から下山してもまだ間に合う・・・」

そう何度も何度も思いながら、「もう少し頑張れそう。」と重たくなっている足を動かしま

した。登山中は何人もの人に追い越され、そのつどにダメだなぁと感じながらも登っていけた

のは、下山してくる人、追い越していく人の声掛けに励まされたからでした。しかし、登山

者の多くは夫婦や数人の仲間のグループで、私のように一人で登っているものは多くはあり

ませんでした。「このまま山頂まで孤独だなあ・・・」と感じていると、不意に後ろから

「若い女の子が一人ですごいねー、うちの孫は男なのにケーブルで家内と行っちまったよー」

と気さくに話しかけてくれた男性がいました。意気投合した私たちはそのまま一緒に山頂ま

で登ることになりました。山を登る気など全くなかった私だったため、飲み物やタオルなど

の登山に必要なものは何ひとつ持っていませんでした。しかもブーツにジャケットという

格好・・・、その状態を知った男性は私に自分の持っていたタオルと飲み物を差し出してく

れました。

 地元を出て、STとして沢山の人と接することができ、一人ひとりから沢山のあたたかい

気持ちをいただきました。そして、病院外の人との関わりが少ない私にとって、プライベート

でこんな風にあたたかい気持ちになれたのは久しぶりでした。その男性のお孫さんが私に

飴をくれました。帰りのバスを待っている私に昔からの知り合いであるかのように世間

話をしてくださった女性がいました。地元を離れ、もうすぐ一年が経とうとしています。

地元とは違った人々の雰囲気に今も戸惑うことがあります。けれど、地元ではないからこそ

味わうことのできる一瞬一瞬の場面に私はとても幸せな気持ちを感じます。未熟で子供な私

ですが、少しづつでも成長すれば、いつかあの男性のように誰かに手を差し伸べることが

できるのかなぁ・・そうであったらいいなぁと思った一日でした。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/05(火) 09:59:18|
  2. エッセイ

64. 責任 -エッセイ

「責任」

所属:病院ST 氏名:k

入職し、早9ヶ月。本当に「あっ!」という間に過ぎていったなぁ・・・とつくづく感じ

た。その中で、学生時代と変わったことは、環境の変化から社会人として働くなどなど、様々

な変化はあった。

しかし、私が明らかに学生の頃と違うと感じたことが「責任」ということだ。

学生時代は、正直、何も考えていなかった。

むしろ、「責任」ということを感じることがあまりなかった。

しかし、就職し、様々な場面で自分の意見を発する場面が多くなり、その中で安易に意見を

発してしまうと、その人の方向性や今後の人生を大きく左右してしまうこともあると感じた。

どんな場面でも、意見を発する場合は、きちんとした根拠に基づき、何より自分自身で

「責任」を持って発しなければいけないと感じた。誰でもない、自分自身が・・・。

まだまだ、勉強しなければいけないことが多くあり、悩み、悔しい思いをすることも

たくさんあるが、今は頑張り時なんだと思う!!

「責任」・・・を痛感しながら、今日も頑張ります。
  1. 2011/04/05(火) 09:58:44|
  2. エッセイ

63. 彼のいないクリスマス -エッセイ

「彼のいないクリスマス」

クリスマスイブ当日、悲劇は起きた。
突然、彼が消えた。
いつもそばにいて、どんな時も私を支えてくれていた彼がいないのである。
血の気が引いた気がした。

彼との付き合いはもう8年になる。
雨の日も風の日も常に一緒だった。

必至に探した。心当たりすべて。
でもどこにもその姿はない。

愛しい、愛しい、私の彼。
どこかの誰かが連れて行ってしまったのだろう。
一瞬目を離したスキに、一瞬心が離れた間に・・・・。

彼を見つけたどこかの誰か、私はあなたを恨みません。
私にも責任があるから。

願わくば、どうか彼を大切にしてあげて下さい。
簡単に捨てるなんてしないで下さい。

「よし!新しい彼を探そう。」いつまでも引きずるわけにはいかない。
日々はヒ否応なしに過ぎていくのだ。

私の心は動きだした。」
★年末年始に向け、皆様お忙しい日々をお過ごしのここと存じます。
ですが、一瞬の心のスキが思わぬ悲劇を招きます。
特に、財布の管理には十分ご注意ください。
  1. 2011/04/05(火) 09:57:53|
  2. エッセイ

62. 接していくなかで思うこと -エッセイ

『接していくなかで思うこと』

病院で働き始めて6カ月がたちました。

僕が今まで担当した人は15人。もう退院した方もたくさんおられます。担当を持つたびに、そのご家族様とも関わるようになります。

 なので、いろいろな家族を見てきました。
 毎日お見舞いに来る奥さん、働いているから夕方会いに来る旦那さん、休みの日にお孫さんを引き連れてくる息子夫婦。中には家族に会ったことないなぁって人もいますけど…。

 でも患者さんには家族がいて、家族が患者様を支えている姿をたくさん見てきました。それと同時に家族が患者様を支えていく中での不安が、どんなに大きいものかも直面させられてきました。

 だから私たちは、患者様だけでなく、家族も含めてサポートしてくことが必要であり、できるようになるといいなと思います。今はまだ「どうしたらいいの?」って日々悩むことの方が多いです…

 もう一つ別に
 いつか自分も家族を築くことになります。
 自分が作る家族はどのようなものか分かりませんが、お互いを笑って支えあえるような家族であってほしいと思います。
  1. 2011/04/05(火) 09:56:44|
  2. エッセイ

61. 振り返って -エッセイ

『振り返って』

 4月に入社してから、今現在を振り返ってみると、目まぐるしすぎてあっという間の7ヵ月でした。今こうして振り返ることができるようになったのは、やっと仕事に慣れてきたということでしょうか?そう信じたいです(笑)。

 私が勤めている職場には先輩が7人いて、日々助けてもらっています。先輩方がいなかったら…と考えるだ けで身震いがします。4月から今日まで、無事にSTとしてやってこれたのは先輩方、同期の仲間がいてくれたからだと思っています。

 毎日毎日悩みが湧いて出てきて、頭を抱えていると、先輩方が愛の手を差し伸べてくれるのです。 私はこんなにも恵まれた環境でSTとしての経験がつめている幸せを実感する事ができました。

 今、振り返ってみて、感謝の気持ちとこれからも宜しくお願いしますとういう気持ちで いっぱいになりました。

 もうひとつ。一人一人の患者さまと出会って、私も一つずつ得ているものが増えていきました。リハビリをしているときは悩みの種だった患者様も今振り返ると「あーだったな、こーだったな、こんなこともあったな」という一つ一つの経験が私を成長させてくれたと感じます。

「ああ、いい仕事だな」と素直に思っています。

これからも茨城県で頑張っていきますので、 みなさま宜しくお願いします。

  1. 2011/04/04(月) 10:30:15|
  2. エッセイ
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。