FC2ブログ
茨城県言語聴覚士会 TOP > カテゴリー [言語聴覚士とは? ]

言語聴覚士(ST)とはなにか?

言語聴覚士は、
ことばによるコミュニケーションに問題がある方、
あるいは摂食・嚥下機能に問題がある方に対し、
専門的サービスを提供し、
自分らしい生活を構築できるよう支援する専門職です。
言語聴覚士は、
医療機関、保健・福祉機関、教育機関など幅広い領域で活動しています。
そして、コミュニケーションの面から豊かな生活が送れるよう、ことばや聴こえ、あるいは摂食嚥下に問題をもつ方とその周囲の方々を支援します。

言語聴覚士の提供する専門的サービスとは
ことばによるコミュニケーションの問題は、
脳卒中後の失語症・構音障害、聴覚障害、ことばの発達の遅れ、声や発音の障害など多岐に渡ります。
年齢に関しても小児から高齢者まで幅広く現れます。
言語聴覚士は、
このような問題の本質や発現メカニズムを明らかにし、対処法を見出すために検査・評価を実施し、必要に応じて訓練、指導、助言、その他援助を行います。
このような活動は、
医療施設では、医師・歯科医師・看護師・理学療法士・作業療法士などの医療専門職、
福祉施設ではケースワーカー・介護福祉士・介護支援専門員などの保健・福祉専門職、
教育施設では教師、心理専門職などと連携し、
チームの一員として行います。

STという呼称について
言語聴覚士は、
英語表記である、Speech-Language-Hearing Therapistを略して
「ST」とも呼ばれています。

言語聴覚士が活動している場所
(医療機関)
 病院、クリニック、リハビリテーションセンター、療育センターなど

(保健・福祉機関)
 保健所、保健センター、
 児童相談所、介護老人保健施設、老人保健施設デイケア、
 介護老人福祉施設、身体障害者更正相談所、
 身体障害者福祉センター、難聴幼児通園施設、知的障害児施設、
 自閉症児施設、肢体不自由児施設、重症心身障害児施設など

(教育機関)
 ことばの教室、難聴学級、ろう学校、養護学校など

(その他)
 言語聴覚士養成校、ことばのクリニック(開業)、役所、関連企業、研究所など


※参考資料
 日本言語聴覚士協会のホームページ
 日本言語聴覚士協会のパンフレット

言語聴覚士になるためには
言語聴覚士になるためには、国家試験に合格しなければなりません。

高等学校を卒業した方、またはこれから卒業しようとしている方は、
文部科学大臣が指定した大学(4年制大学、3年生短期大学)または、厚生労働大臣が指定した言語聴覚士養成所(3年ないし4年制の専修学校)に入学し、
必要な知識および技能を修得して卒業することで国家試験の受験資格を得ることが出来ます。

4年制大学卒業者の場合は、
2年制の専修学校において必要な知識および技能を修得して卒業することが必要です。

このほか、
外国の大学などで言語聴覚士の業務に関する学業を修めた場合は、
厚生労働大臣に書類を提出して認定を受けることにより、受験資格を得ることが出来ます。

大学において厚生労働大臣が指定する科目を修めて卒業した方は、
書類審査を経て受験資格を得ることが出来ます。

尚、具体的な情報に関しては
横浜コミュニケーション障害研究会をご参照ください。


※参考資料
日本言語聴覚士協会のホームページ

対象となる障害について
コミュニケーションの問題には色々な種類があります。
詳しくは最寄りの言語聴覚士までご相談ください。




・言いたい言葉が出て来ない
・聞いたり読んだりしたことの
意味がわからない
・言葉の発達が遅れている


・声やことばが聞こえない、
聞こえにくい

・発音の問題
・声が出にくい、かすれる


・うまく飲み込めない、
むせる
※参考資料
日本言語聴覚士協会パンフレット
  1. 2011/03/25(金) 12:09:00|
  2. 言語聴覚士とは?

FC2Ad