FC2ブログ
茨城県言語聴覚士会 TOP > カテゴリー [会長挨拶 ]

会長挨拶

茨城県言語聴覚士会会長
会長 草野 義尊


 この度、茨城県言語聴覚士会会長に就任いたしました。
 4年前の士会設立から佐川前会長を中心に、会員の皆様の協力のもと士会の基盤作り、関連諸団体との連携、行政への様々な協力を通して言語聴覚療法の社会的認知に向けて活動してまいりました。その結果、会員数も150名を超え、一定の基盤を作ることができ、社会的認知も進んできたと思います。
 しかし、まだ様々な課題や問題があります。昨年の診療報酬の改定に伴いリハビリ全体の見直しがありました。急性期・回復期は医療で、維持期は介護でという方向が出てきました。そこには様々な問題を含んでおりますが、この流れは変わらないと思います。これからは医療と介護の連携がより求められてきます。さらに今年度から始まる特別支援教育制度への対応などがあります。
 また県内に目を向ければ、成人を扱う医療機関にSTが多く、介護施設、発達障害を含む小児や聴覚障害を扱う施設が少ないなどの問題を抱えております。
 また、茨城県に限らず、全国的に、臨床経験の少ないSTが多くを占めているという問題もあります。
 これらの問題を少しでも解消していくためには、ST個々の資質の向上を図り、臨床力を高める必要があります。それをST個々にとどめるのではなく、ST 同士の連携を進め、士会とともに言語聴覚療法を通して広く社会に貢献していくという責務もあります。そのためには、自明のことですが、県士会の運営を役員だけが行うのではなく、会員すべての協力のもとに進めていくことが必要です。これまで以上のご協力と参加をお願いいたします。  
(ニュースレター 2007年6月NO.12より)
  1. 2011/03/25(金) 11:35:01|
  2. 会長挨拶

FC2Ad