FC2ブログ
茨城県言語聴覚士会 TOP > エッセイ > 19. 初めての一人暮らし -エッセイ

19. 初めての一人暮らし -エッセイ

「初めての一人暮らし」

夢にまでみた一人暮らし。初めての住まいは2DKの家賃も手ごろなアパート。引っ越してきたのは、今年の2月の終わりごろ。国家試験の結果もわからないまま、試験の3日後には妙な自身を持って契約した。

ワクワクドキドキしながら、新居でうれしい一泊目。家電も布団も無い部屋で、畳の上に横になる。しかし、しばらくして2月の夜の畳の上は、寒い・硬い・痛いということに気づく。そして眠れない。この寒さをしのぐ為、近くのコンビニに行ってちょっとした布団を買おうと思ったが、全く見当たらない。仕方が無いのでバスクリンを買って、すぐにお風呂を沸かして、バスクリンを入れて温まった。こうして初めての夜が明けていった。

今では、家電も布団もそろって、何不自由無い生活を送っている。ときどき家族のことを思い出し、電話をかけることもあるが、帰りたいとは思わない。一人暮らしはとっても自由!この生活を続けるためにも、今の仕事を精一杯がんばろうと改めて思う。

  1. 2011/04/03(日) 09:56:24|
  2. エッセイ

FC2Ad