茨城県言語聴覚士会 TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト> エッセイ > 28. 三十路の再出発 -エッセイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

28. 三十路の再出発 -エッセイ

『三十路の再出発』

今年で三十路を迎えました。STになってからは早5年が過ぎました。
自分にしてみれば、30歳を迎えることをなんとも思っていませんでしたが、やはり、心のどこかでは、30を迎えることと、STとして5年が過ぎたことにたいし、それなりに緊張を持っていたようです。
STとして5年を過ぎるということは、後進の指導にも務めなければならない。そう考えたとき、果たして自分はSTとして成長できたのだろうかと自問自答を繰り返す日々が続いていました。私生活でもまた焦りを感じていたようです。特別何かに焦っているわけではないのですが、はたして、自分は30に足るだけの人間として成長できているのか…。今思うとそんなことを日々考えていたように思います。
そんな自分の気持ちに気づかず、自分をごまかしているうちに、大きく体調を崩してしまいました。もともと、標準の体型でしたが、半年も経たないうちに8キロの体重減、体脂肪率も5%をきるなど自分でも考えられないほどやせてしまいました。その為、仕事をたびたび休むことも増え、同僚に多大な迷惑をかけてしまったことが悔やまれます。
しかしながら、同僚の助けもあり、今では前向き気持ちでいます。30歳になったからどうのこうのと考えるのではなく、30を節目として、今後自分をどう成長させるか、考えていかなければと感じています。まずは、『目の前のことをコツコツとこなす。』そんな初心に返った気持ちです。自分にとって今年がリスタートです。
それが私にとっての『30』でした。

  1. 2011/04/03(日) 10:02:38|
  2. エッセイ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。