FC2ブログ
茨城県言語聴覚士会 TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト> エッセイ > 30. 大正娘 -エッセイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

30. 大正娘 -エッセイ

「大正娘」                           

私には大正生まれの85歳になるおばあちゃんがいます。
小さい頃から一緒に住んでいたのですが、正直言って彼女のことが苦手でした。サザエさんやちびまるこちゃんに出てくるような穏やかなおばあちゃんではなく、新しい物好きで週の大半をおばあちゃん仲間達とワーワー言いながら出掛けていくような、パワフルで気の強いおばあちゃんです。元気なのは良い事なのだけど、元気すぎると思っていました。毎日顔をあわせていると、怒られるし、喧嘩はするし。。。「お年寄りを大切に」と言われても、年寄り扱いをされると機嫌の悪くなるおばあちゃんとの付き合い方がよく分かりませんでした。
苦手だったはずなのに、なぜか祖父母の部屋でよく遊んでいました。関東大震災の事、女学校の事、祖父とのお見合いや結婚の事、戦争中の事、父が生まれたときの事、話好きなおばあちゃんは色々聞かせてくれました。思い出話というより苦労話ばかりだし、ただの愚痴では?と今では思うけど、そんな話を聞くのが私は好きでした。本を読んだりテレビを見るよりも、自分が生まれるずっと前の、未知の世界の話が楽しくてワクワクしました。長女を2歳で亡くした話になるとおばあちゃんはいつも泣きました。戦争中で薬が手に入らなかったそうです。子供心に「戦争って嫌だな」と思いました。そして、何十年経っても思い出して泣いている姿を見て、おばあちゃんがかわいそうになりました。
でも翌日にはまた怒られて喧嘩をして。。。やっぱりおばあちゃんの事は苦手でした。
そんな事を繰り返しながら私は大人になって、実家を離れました。
いつの間にかおばあちゃんは私よりも小さくなりました。足が悪くなって沢山は歩けません。近所のおばあちゃん仲間達の家へ行くのも一苦労です。身の回りの事は全て自分で出来るけど、時間が掛かるようになりました。それでも新しい物好きで楽しい事が好きなのは変わりません。そして「年寄り扱い」されるのは嫌いです。だからもう私も年寄り扱いはしません。それなのに都合が悪くなると「年を取ると大変で。。」と高齢ぶりをさりげなくアピールしてきます。
こんな人を相手にするのは大変だけどなんだか楽しくて、まだまだ色んな話を聞きたいと思っています。
  1. 2011/04/03(日) 10:03:47|
  2. エッセイ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。