FC2ブログ
茨城県言語聴覚士会 TOP > エッセイ > 51. 最近のこと1 -エッセイ

51. 最近のこと1 -エッセイ

「最近のこと1」

世の中では「脳トレ」なるものがはやっている。テレビではクイズ番組も増えたような気がする。いずれも素直なものからひねくれたものまで実にさまざまで、その単純作業は、むしろちょうどよい達成感を味わえるということもあり、私も興味をもって「頭(脳)のリハビリに」と課題に取り入れている。
そのなかで「大人の・・」なんてらシリーズがある。簡単な計算や書き取りだけでなく、料理や音楽まである。それらに共通するのは小学校で習う授業ではないだろうか。
九九を習い、たてぶえを吹き、調理実習や運動会が楽しかった頃、当たり前のように学んでいたもの。それが脳の「トレーニング」メニューにちょうどよい刺激だという。確かに実際やってみて意外に手ごわいものなのだが、次々と課題をこなすことがおもしろく、楽しいのだ。きっと、この感覚が必要なのかもしれない。
ゲームにしてもひと昔前の解像度が悪く、動きの鈍いキャラクターを操る、いわゆる復刻版ゲームがある。ぎこちない主人公を操作することもまた懐かしく、楽しい(ちょっといらいらするが)。
最近、課題のひとつにと思い、パズルを作ってみた。市販されているものではピースが小さく、子供っぽくなってしまう・・。そうだ、「大人のパズル」を作ろう。誰でもできるようにと、風景写真や動物、絵画などをカラーコピーし、拡大したものをダンボールに貼り付けただけのものだが、皆に喜ばれた。もちろん、製作者自身が一番満足していたのだが、これも脳トレのひとつになると思う。バラバラにされたピースを、ひとつひとつ元に戻していく作業は集中力や想像力が必要だ。作る側にも構成力やらが必要なので自分自身の脳トレにもなると思われる。
皆さんもいかがでしょうか。
  1. 2011/04/04(月) 10:06:10|
  2. エッセイ

FC2Ad